池本太郎 グランディール
池本太郎 グランディール
今手元に一冊の本があります。
タイトルは「人に頼る技術:転職失敗でニートになったボクが
1年で4億円稼いだ秘訣」というものです。
いかにも、池本太郎氏のサクセスストーリーであるかのようなタイトルなのですが、
中味は、読む人すべてが勇気をもらい希望を抱ける内容です。
もちろん池本太郎氏自身が述べておられるように、池本太郎氏に特別な才能があったわけでも
特別なことをしたという訳でもありません。

行き詰まった末にたどり着いたのは、誠実に生きる、「人」と真摯に向き合うという
心の方向性だったといいます。

年間4億という、普通では考えられないような金額を、いったいどうやってニートだった
池本太郎氏が稼げるようになったのか、その経緯が時間軸とともに赤裸々に書かれています。

多くの後進に慕われる池本太郎氏ですが、その理由が彼の対社会性にもあるようです。
それは、世界一貧しい国と言われるバングラディシュの子供たちのために「学校」まで
建ててしまったと云う事実でも明らかでしょう。

大体、ニートから大成功を成し遂げた人が、社会貢献した例を筆者は知りません。
池本太郎氏とは一体何ものか?とすら思ってしまいます。

そんな、言わば凡人池本太郎氏の成功ストーリーを目の当たりにすることで
あなたの心のもやがスッキリと晴れることをお約束します。

とくに「出会い」…池本太郎氏を変えたと云うメンターとの出会いの節は
ぜひ読んで欲しいところです。