池本太郎 グランディール
池本太郎 グランディール

グランディール株式会社の池本太郎氏は成長と夢を提供していると言えるでしょう。

成長と夢と言うのが分かりにくければ、将来の可能性と言い換えても構いません。

その一つの例が、池本太郎氏が行ったバングラデシュでの小学校設立です。

バングラデシュというのは、一言でいって貧しい国です。
世界のどこでもそうですが、貧しい国では子供に教育を受けさせるような余裕がありません。
子供たちも働かねばならないのです。

働くのであれば良いのではないか、と思われるかもしれませんが、
ここで言う働き方とは、当たり前ですが高度や技能や知識を駆使するような仕事ではありません。

そんな教育は受けていないのですから当然です。

はっきり言えば、ゴミあさりと変わらない「仕事」です。

これでは成長して大人になっても、やはり単純作業しかできず、
結局のところいつまでたっても豊かにはならないわけです。
池本太郎氏はこの悪循環を断ち切るため、バングラデシュに小学校を設立しました。

池本太郎氏は子供が勉強して技能や知識を身につけることで、
将来、よりよい仕事につける可能性を提供したのです。

小学校設立によって、この国に成長を夢を提供したのです。

池本太郎氏は常にこのような考え方で自分の会社、グランディール株式会社の運営も行っています。