池本太郎 グランディール
池本太郎 グランディール

「バングラデシュ」という国の名前を聞いたことがありますか?
名前だけは聞いたことがあるけれど…
そんな方が多いかもしれませんね。

バングラデシュは世界でも最も貧しい国と言われています。
その為、次の世代を担うべき子供たちの教育など、
全く手が回らないのが現状です。

子どもたちは勉強するチャンスを与えらることもなく、
今日を生き抜くために働かなくてはいけないからです。

このままでいいのか?
「夢」をもつことさえも出来ない子供たちの現状を見て、
グランディール株式会社の池本太郎氏は苦悩しました。

それならば、自らの会社でバングラデシュの子どもたちを
助けることは出来ないだろうか?

そこで、池本太郎氏は社を上げて教育支援に取り組みました。

小学校を設立して、子どもたちが平等に教育を受けられる場所を
提供したのです。

現在のバングラデシュの子どもたちは毎日を生きることに必死です。
わたし達にとっては当たり前となっている、子どもが受けるべき
教育・学びを体験することが不可能なんです。

グランディール株式会社、そして池本太郎氏の願いは、貧しく
貧困に喘ぐ発展途上国の子どもたちに、選択の自由を与えてあげることです。
その一歩が教育支援だと考えています。
学びの場を得ることで、将来の夢を持ち、生活や仕事を自由に選ぶ
ことが出来るのではないでしょうか。

釣りに例えて言うならば、まず本質を学ぶこと。
魚の知識だけではなく、釣りの方法を教える。
そうすることで、釣りの方法を覚えた人は、未来に不安を抱くことなく、
自由を得られるのではないか。

子どもたちが持っている無限の可能性を広げてあげたい。
その為には食糧支援や金銭の支援ではなく「教育」を支援することが
大切なのではないか。

これらは池本太郎氏、そしてグランディール株式会社の経営理念に通ずるところです。

そして、これこそが池本太郎氏、そしてグランディール株式会社が提供し続ける「夢」と成長なんです。